古い角質を落とす洗顔ならこれ!泥と豆乳のミクロの泡でお肌の汚れも取れてピッカピカ!

顔の古い角質を落とすのに、豆乳と泥成分の入ったせっけんを使っています。

肌の上に古くなった角質がたまっていくと、くすみが出てきてメークも冴えなくなってしまいますから、なるだけ肌に角質を残さないようにしています。

ちょっと疲れてる?って言われるときって大体、汚れを落とすお手入れをあんまりやってないときなんですよね・・・顔色が悪いんだと思います。

せっかくいいファンデーションを使っても、ノリも悪いし発色も良くなく見えないし。

前はそれを知らなくて、いろんなクレンジングを試したり、手持ちのふつうの洗顔料で洗ってたんですけど、ぜんぜんよくならなくて。。。
今は古い角質が取れる洗顔料で洗っているので、くすみとかファンでのノリが悪い悩みもなくなりました。

古い角が取れる石鹸でちゃんと洗顔をしていると、肌の上に乗ってる汚い膜がペロ~ンってはげたみたいに、お肌がピカーっ!ってワントーン明るく感じられます。

で、洗顔してすぐに保湿系の化粧水や乳液でしっかり手入れをしておくと、次の日の朝は効果テキメン、ファンデのりのりの極上肌に仕上がっているんですよね。

すごいうれしいし、早く使えばよかったと思ってるくらいです♪

「新どろあわわ」泡弾力UP!さらに優しく、さらにごっそり。

くすみの元が取れてスッキリする泥のセッケン

自分が使っているのは健康コーポレーションというブランドの「どろあわわ」です。もうだいぶ前からあるなので知ってる人もきっと多いですよね。

私も名前だけ知っていたけど使ってみたことはありませんでした。だけど古い角質も取れるって聞いて使ってみることにしました。

「どろあわわ」に使っている泥は、沖縄の海の底に数100万年も眠っていた「マリンシルト」というすごいレアな泥なんだそうです。

その泥と、火山灰からできた「ベントナイト」という泥(こちらはどこのなのか分からない)を合わせていて、2つの泥の力が、シミの元になるメラニンをふくむ古い角質にガッツリくっ付き、はぎ取るはたらきをするのだそう。

くすみの元の肌の上の汚れが取れるから、肌色が明るくなるんですね。

あと「どろあわわ」は泥だけだと思ってたんですけど豆乳も入ってるんですね。

正確には豆乳発酵液と言うらしいのですが、これはあの美白化粧品に欠かせない「イソフラボン」ですね!

洗顔の後に乾燥しないよう、豆乳発酵液と、コラーゲンとヒアルロン酸と黒砂糖エキスが入っています。

モコモコ泡がとっても気持ちいい~

「どろあわわ」っていうとやっぱ一番言われているのはモコモコの泡立ちです。
すごいですよ、ほんとに!モッコモコのフワッフワのボヨンボヨんですw

ネットを使ってやらないとモッコモコにはならないんですが、たった1cmくらいでも洗顔に十分な泡ができるからコスパがけっこういいです♪

ホワホワですごく気持ちいいですが、泡が古い角質に吸着してしっかり洗い上げるので洗いすぎはNGですよ。

毛穴の汚れも同時に取れるので、鼻の頭の毛穴の黒ずみを取りたいときにもおすすめです。

ちなみにどろあわわって泥洗顔部門で4年連続売り上げ1位だそうです。プチプラじゃないけど、やっぱいいものは人気が続きますね(^ー^)

「新どろあわわ」泡弾力UP!さらに優しく、さらにごっそり。