女子泣かせの困ったヤツ 爪水虫とは

手足の爪が白くにごり始めたら、爪水虫が疑えます。
爪水虫は白癬菌(はくせんきん)というカビが爪の中に入り込み、
手足の爪が白く濁って厚くなる病気です。
爪の部分だけが侵されるのはあまりなく、通常、手・足の水虫うつり発症することが多いので、水虫を持っている人は注意が必要です。
手の指の爪が水虫なにると目に付くので、比較的病院に行く人が多いですが、足の爪水虫はとくに気にしないことが多いので、見逃してしまいひどくなってから気づくことが多いです。
どうしたら予防できるのか
梅雨から夏になると水虫が活発に動きだし、完治したと思っても毎年繰り返す場合は、爪水虫をすでに合併している可能性があります。
かゆみや痛みを伴わないので、自覚症状がないままスリッパやマットなどに接触し、家族に感染させてしまうことがあります。
爪が透明感がなく白く濁っていたり、筋が出来てボロボロに欠ける場合は、爪水虫の可能性が大なので、家族で一緒に治療を行い、家庭内から白癬菌をなくすことが大切です。
治療はどうするの?
特に足の爪は厚いため、塗り薬では白癬菌(はくせんきん)まで浸透しにくく、その場合の治療は原則として飲み薬を服用することになります。
1日1回を6ヶ月ほど、毎日飲み続ける方法とパルス療法(1週間毎日薬を飲んだ後3週間飲まずを3サイクル繰り返す)があります。
きれいな爪を取り戻すには、個人差もよりますが、すべての爪が生え変わるには約6ヶ月から1年かかりますので、服用を止めた後も医師による経過観察をきちんと受けながら、水虫を根絶することが大切です。
ごくまれに爪の中ではなく、表面に白癬菌が感染することもありますので、この場合には塗り薬による治療が有用です。
爪水虫の塗り薬 Dr.G’s クリアネイル】は
自宅でできる水虫退治ケア。
無味無臭で飲み薬に比べて少ない副作用なので安心です。
マ二キュアをした上からも使えるから便利。
くわしくは
爪水虫に塗り薬Dr.G’s クリアネイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です