【古い角質を落とすならコレ!】ドロと豆乳のミクロの泡で汚れもピッカピカ!

どろあわわ 泥の石鹸をつかっているところ

こんにちは、エディターSです。

肌に古い角質がたまると顔色がくすんでしまいます。

くすんだ肌は老け顔のもと!

だから古い角質おとしに豆乳と泥成分の入ったせっけんを使っています。

ファンデーションのノリも悪い角質がたまった肌

 

ちょっと疲れてる?って言われるときって大体、ちゃんと汚れを落とすケアをやってないときが多いです。

顔が汚れてくすんでいるんですよね・・・。

そんなときに高いファンデーションを使っても、ノリも悪いし発色も良くなく見えないし。

前はそれを知らなくて、いろんなクレンジングを試したり、

手持ちのふつうの洗顔料で洗ってたんですけどぜんぜんよくならなくて。。。

そんな悩みを同僚にしていたら、肌のくすみをきれいに落とせる洗顔をおしえてもらいました。

今はその古い角質が取れる洗顔料で洗っているので、

くすみとかファンでのノリが悪い悩みもなくなりました。

 

「どろあわわ」という洗顔料です。

>>健康コーポレーションの「どろあわわ」


角質を落とすせっけんでお肌がピカーっ!とワントーン明るく

どろあわわ 泥の石鹸をつかっているところ

どろあわあは、古い角をおとせる洗顔料です。

これで洗うと肌の上に乗ってる汚い膜がペロ~ンってはげた感じに。

お肌がピカーっ!ってワントーン明るく感じられます。

で、洗顔してすぐに保湿系の化粧水や乳液でしっかり手入れをしておくんです。

そうすると、次の日の朝は効果テキメン、ファンデのりのりの極上肌に仕上がっているんですよね。

もうほんとうれしい!

早く使えばよかったと後悔しました!

>>健康コーポレーションの「どろあわわ」



くすみの元が取れてスッキリする泥のセッケン

この「どろあわわ」、もうだいぶ前からあるなので知ってる人もきっと多いですよね。

私も名前だけ知っていたけど使ってみたことはありませんでした。

だけど古い角質も取れるって聞いて使ってみることに。

海の底のレアな泥を使った洗顔料

どろあわわ 泥の石鹸をつかっているところ

「どろあわわ」に使っている泥は、沖縄の海の底に数100万年も眠っていた「マリンシルト」というすごいレアな泥なんだそうです。

 

その泥と、火山灰からできた「ベントナイト」という泥(こちらはどこのなのか分からない)を合わさっています。

2つの泥の力が、シミの元になるメラニンをふくむ古い角質にガッツリくっ付き、はぎ取るはたらきをするのだそう。

くすみの元の肌の上の汚れが取れるから、肌色が明るくなるんですね。

どろあわわ 泥の石鹸をつかっているところ

 

あと「どろあわわ」は泥だけだと思ってたんですけど豆乳も入ってるんです。

正確には豆乳発酵液と言うらしいのですが、これはあの美白化粧品に欠かせない「イソフラボン」ですね!

洗顔の後に乾燥しないよう、豆乳発酵液とコラーゲンとヒアルロン酸と黒砂糖エキスが入っています。

>>健康コーポレーションの「どろあわわ」

モコモコ泡がとっても気持ちいい~

「どろあわわ」っていうとやっぱ一番言われているのはモコモコの泡立ちです。

すごいですよ、ほんとに!モッコモコのフワッフワのボヨンボヨんですw

ネットを使ってやらないとモッコモコにはならないんです。

でもたった1cmくらいでも洗顔に十分な泡ができるからコスパがいいんmですよ♪

どろあわわは使い過ぎに注意!!

どろあわわ 泥の石鹸をつかっているところ

ホワホワですごく気持ちいいですが、泡が古い角質に吸着してしっかり洗い上げるので、洗いすぎはNGです。

わたし、以前にプチ旅行にピカピカの肌で行きたいと思って、どろあわわで必要以上にこすってしまったんですね。

そしたら次の日肌がひりひりして。。。。

せっかくの旅行なのにちゃんとメイクができませんでした(><;)

どろあわわは、めちゃくちゃ細かい泥の粒子が入っています。

本当に肌がつるつるになるけど、説明書を無視した使い方をしてはダメです!

でもちゃんと使えばびっくりするほどあか抜けた肌になるのはまちがいないです!

毛穴の汚れ、肌のくすみにどろあわあ!

どろあわわ 泥の石鹸をつかっているところ

毛穴の汚れも同時に取れるので、鼻の頭の毛穴の黒ずみを取りたいときにもおすすめです。

ちなみにどろあわわって泥洗顔部門で4年連続売り上げ1位だそうです。

 

プチプラじゃないけど、やっぱいいものは人気が続きますね(^ー^)

肌のくすみでなやんでいたら、一度使ってみてくだいさいね!

 

>>健康コーポレーションの「どろあわわ」